タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS スキアフリカ「スキヤキ・オールスターズ」 in Sauti za Busara

<<   作成日時 : 2011/02/11 23:28   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

 楽しみにしていたザンジバルの音楽祭、 Sauti za Busara。初日の9日から乗り込むはずが、家族数名が申し合わせたように8日夜から熱を出し、行けず…。
 9日ラインアップのTunaweza Band とBi Kidudeは観たかったなあ、なんて思っていたら、ザンジバル在住のKさんから
「夕方、強風と雨で公演が始められず、Tunaweza Bandはライブができなかったよ。
Bi Kidudeは大丈夫だったけどね」
とのSMSがあった。野外コンサートなので、そういうこともありなんだ…。ポーレ(かわいそう)なTunaweza Band。また別のライブにきっと行くね。

 さて、10日には幸い家族の熱も下がり、ザンジバルに渡ることができた。10日19時からのスキアフリカ「スキヤキ・オールスターズ」には間に合うぞ!!

 スキアフリカ「スキヤキ・オールスターズ」という長い名前のグループは、富山県で毎年行われているワールドミュージックフェスティバル「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」で出会ったミュージッシャンたちによって結成されたユニットだそうだ。
 ジンバブウェのディーバ、チウォニーソ、韓国のチャン・ジェヒョ、トーゴのピーター・ソロ、カメルーンのエリク・アリアーナ、日本の「アフリカン・パーカッション・ユニット」のンダナの二人とビリビリでグルグルの親指ピアノ奏者サカキ・マンゴーたちによる、いい意味でのごった煮、まさに「スキヤキ」ユニットなのである。

画像


 仕事上の関係でダルエスで彼らに会っていた夫が
「男性陣は、キリッとしたイケメン多し」
と言っていたのにも心が動いた☆果たしてマンゴーがそこに入っているかは???
 
 会場に着いたのは午後6時少し前。セネガルからのグループが演奏していた。コラの音色が美しいけど、バイオリンとのアンサンブルがあまりセネガルらしさを醸しだしていず残念と、ザンジバルで宿屋をやっているSさんと話す。

画像

画像

画像


 お次のスキアフリカ「スキヤキ・オールスターズ」の準備の最中からステージ前に張り付く。写真を撮って踊るぞおという心意気。

 チウォニーソの張りのある歌声が響いてライブが始まると、観衆がステージ前にわあっとやってきた。あとは、ときどき写真を撮って、踊りながら、ステージと聴衆のつくる波にすっごく心地よく揺られていたので、全体の流れはよく思い出せない。

画像


 覚えているのは、チュオニーソのチャーミングなこと、ぽっこりしているお腹も愛らしい。

画像
ムビラを弾くチュオニーソとピーター


 エリクの愛嬌のある表情とよく伸びる声、ピーターの凛とした格好よさ、チリンバ、イリンバ、ジュガ、ダンス、歌とエネルギッシュでコミカルに動き回るマンゴー、パーカッションとドラムのダナンのお二人の控えめだけど情熱的な盛り上げ方もすてき。あとベースの赤いベレー帽の人も見ていて楽しかったけど、お名前を失念。ごめん。

 
画像
エリク

画像
マンゴー


 韓国のチャン・ジェヒョの太鼓はクールでいて熱くてシビレタ。

画像
チャン&ピーター


 ダナンのお二人とマンゴーがステージの前にでてきて、手拍子とりながら日本語でダンサブルな民謡を歌う場面があり、すごく楽しかった。日本人だけでなく、アフリカ人も西洋人も東洋人も、手拍子取りながら一緒に踊ってた。

画像


 チャン・ジェヒョが太鼓をたたきながら、すっごく通る声でウネリを聴かせてくれるシーンもあり、北の海の冷たい激しさを連想した。そのクールさが、熱いアフリカ勢の音楽とうまい具合に融合して、化学反応を起こすんだな。今までにない音楽が生まれる。いろんな文化の混じりあったかつてないおいしさの「スキヤキ」なのだ。

画像


 ジュガ(鐘)を鳴らしながら、ひょうきんに踊るマンゴーは、ちょっとフクウェ・ザウォセを彷彿させたりも。そのエネルギーがこのユニットをまとめているんだろうなと思った。

画像


 もっと観ていたい!!というところで、ライブが終わってしまった。かぶりつきで見ていたザンジバルの子どもたちが、Kさん(前出)の「マンゴー、サイコー!」というのをまねて「サイコー!!」と繰り返し叫んでいた。きっと意味も伝わってたんだと思うよ。

画像


 タンザニア人音楽家が混じっていなかったのが、残念といえば残念だったけど、タンザニアでこれ一回だけのライブは残念すぎる…。もっとここの地元の人たちにこの楽しさを味わってもらいたいなあと強く思ったな。

 ともあれ、スキアフリカ「スキヤキ・オールスターズ」の皆さん、アサンテサーナ!!

 このあとはハラレで公演だそうだ。
 今後のツアーの模様はこちらへ→ http://sukiafricaband.blogspot.com/


                                                             (敬称略)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
んー楽しそうですね〜。
Sauti za Busaraは殆どがタンザニアの歌手かと思ってましたが、世界中から色んなミュージシャンが来て演奏するんですね。
しかも個性的な団体さんが一杯。。世界中誰しもが知ってるミュージシャンのライヴも良いですが、それとはまた違った楽しさに溢れてますね。
asamiさんのこのレポートを読んで、ますます行ってみたい気持ちになりましたー!
M
2011/02/12 08:48
日本のスキヤキ実行委員長です。
早速のリポートありがとうございます。スキアフリカからの情報がまだ届いていなかったので、このレポートはとてもありがたいです!今後ともよろしくお願いします。
今日はハラレでのライブ。うまく移動できたのでしょうか・・・。
実行委員長
2011/02/12 12:25
Mさん、くく(泣)昼間の停電が終わったかと思ったら、部分停電となり、冷蔵庫はついてますが、明り部分がつきません…。でも残っている電気をつなげてなんとかコメント。
 ブサラはザンジバル、タンザニアのミュージッシャンが多いですが、アフリカ各地、ヨーロッパ、アジアからもやってきます。国際音楽祭です。野外でのんびりビール片手にワイワイやれるし、楽しいですよ。ぜひ、カリブ!!
asami
2011/02/14 03:19
実行委員長さん、コメントありがとうございます。ハラレへの移動はハラハラでしたね。のちに笑い話になって語り継がれるかしら。ハラレでのライブ、どうだったのでしょう。スキヤキオールスターズのブログでの報告、楽しみにしてます!
asami
2011/02/14 03:28
お〜〜マンゴーさんすご〜〜〜い
とまとん
2011/02/21 23:00
とまとんさん、Mambo!
ほんとにすご〜〜い!!でしたよ。日本でも凱旋公演があるのでは?「スキヤキ・ミーツ・ザワールド」要チェックや!!
asami
2011/02/23 13:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
スキアフリカ「スキヤキ・オールスターズ」 in Sauti za Busara タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる