タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS ほっかほかのタンザニアを持ちかえる

<<   作成日時 : 2012/08/30 21:30   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 今年のオルタナティブツアーの参加者の皆さんが昨日農村から元気にダルエスサラームに帰ってきた。

 本日の飛行機でタンザニアを発つので、昨晩はツアー参加者6名と弊社日本人スタッフ、日本の大学でスワヒリ語を学んでいるインターンの S青年、農村滞在のホストでもある弊社スタッフのグビ、アレックス夫妻というメンバーで中国料理店でクワヘリ(お別れ)会。
 
画像
キンゴルウィラ村の畑にたたずむグビ


 今年は6名とこじんまりとしていたけれど、男女比も半々、大学生3人とおばさん、おじさん計3人というなかなかバランスのいい?メンバーだ。
 到着日に皆さんにお会いしたけど、3回目の参加!というおばさんとおじさんは別として若者たちは若干緊張しているのか、あまりおしゃべりもなく。

画像
ルカニ村でのアレックス:撮影Mizuno.S.


 ところが、昨日はもう表情からして違っていた。日に焼けたからっていうのもあるかもしれないけど、うっすら紅潮した肌が輝いていた。ほんとだよ。体の中に詰め込んできたたくさんの出来事をどうやって表現しようかっていう瞳をしていた。

 初日のダルエスサラーム観光では、タンザニアにいるうちに服を仕立ててもらいたいという参加者の要望にこたえて、急遽、予定にはなかったカンガストリートでのお買い物を組み込んだ。昨日にはキテンゲのすてきなパンツスーツが出来上がってきてたよ。
 バガモヨでCHIBITEフルメンバーによる民族音楽のコンサートで盛り上がった翌日は、またCHIBITEのもとへ行き、楽器や太鼓のレッスンを受けてたそうだ。

画像
CHIBITE!


 グビの故郷、モロゴロのキンゴルウィラ村に3人とS青年、あとの3人はアレックスの故郷のキリマンジャロのルカニ村に行ってきた。

画像
キンゴルウィラ村のごはん


 農村滞在の印象をそれぞれの村へ行った代表が5分くらいでまとめて話そうということになり、大学生が話をし、グビやアレックス夫妻のためにS青年がスワヒリ語に通訳することに。

画像
キリマンジャロ山

 
 そーれーが、5分じゃとても終わらなかっただよ。キンゴルウィラ村では、自転車に乗ってグビの畑へでかけたこと、村の料理に舌鼓をうったこと、学校で試験勉強中の中学生たちに本のお土産を届けたこと、もぎたての椰子の実ジュースを飲んだこと、絵を描いていたら子どもたちがたくさん集まってきたこと、満天の星を眺めたこと、帰りに寄ったミクミ国立公園でライオンが寄ってきたことなど、話がなかなか止まらない。おまけにS青年が、先走って日本語でまだ話されてないことまで通訳してしまったり!S青年自身のあふれ出す旅への思い!?だったのね。

画像
キンゴルウィラ村の畑への道



 ルカニ村の話。山道をとにかくたくさん歩いたこと、迷子になったときに村人たちが助けてくれたこと、コーヒーにまつわる話をいろいろきけたこと、キリマンジャロ山がきれいに見えたこと、ウガリやムチュージの作り方を覚えようとよく見せてもらったこと、日曜日の教会では、スワヒリ語のお説教がわからず居眠りをしてしまったこと、その後、教会への寄付のために野菜のオークションが開かれてたこと、バナナ酒を飲み損ねたこと、村の人たちが道で出会うごとに挨拶してくれたことなど、こちらも止まらない。

画像
ルカニ村の教会オークション:撮影Ishihara.Y

 
 そういうのを全部ひっくるめて、きっとほかほかの旅行記が送られてくることでしょう(期待してます!)。ジャタツアーズのホームページなどで紹介していきたいです。

 ほかほかのタンザニアを日本に持ち帰ったら、なにが起きるかな!?

 参加者の皆さん、最後まで Safari njema!(よい旅を)
 まだ参加してない皆さん、来年はいかがですか。



※写真は今までのオルタナティブツアーより
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらまで旅をしているような気分になりました。
初めてタンザニアを訪れた3年前を思い出しました。
インターンのS君も頑張っているようで、もう1人のインターンの青年も頑張っているんじゃないかなとFacebookからも様子を伺っているところでした。

>教会への寄付のために野菜のオークションが開かれていた
野菜がメインなのですか。Mwika村では鶏くらいしか無かったなあと思い出しつつ、もしかしたら違う教会ではまた違うものをオークションしていたのかもと思います。

>体の中に詰め込んできたたくさんの出来事をどうやって表現しようかっていう瞳をしていた。
素敵ですね。たしかに、初めてタンザニアを訪れて帰るときの方々は皆家に帰るまでわくわくしているかもしれませんね。

にしてもアレックスさんのとびっきりの笑顔!グビさんの写真も影で味が出ています...!
Karanga
2012/09/01 00:52
Karangaさん

タンザニアから持ち帰ったものがどう日本で化学反応?を起こすか、そこが楽しみです。
もうひとりのインターンの青年もいろいろ頑張っていますよ。
グビとアレックスの写真のコメント、嬉しいです。もうちょっとグビの写真の光が明るかったらなあと思ったけど。まあ、わたしの腕前ですからね。
KarangaさんもKaribu tena Tanzania!
asami
2012/09/02 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
ほっかほかのタンザニアを持ちかえる タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる