タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 花盛りのルカニ村☆幻想的なジャカランダ

<<   作成日時 : 2016/11/23 17:52   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 ルカニ村の朝は雲が低く垂れこめ、空気もひんやりと湿っていた。そんな、かすかに霞のかかったような空を見上げると、紫の小さな花たちが揺れていた。

画像

 
 小道は淡い紫色に染まりかけていた。

画像


 ルカニ村は、ジャカランダの花の季節を迎えていたのだ。

画像

 
 南アメリカが原産といわれるジャカランダは、南国の木ともいわれるようだけど、タンザニアの平野部では見かけない。アルーシャやイリンガなど、夏も朝晩ひんやりするような高地でお目にかかれるだけだ。開花の時期も限られているので、ダルエスサラーム在住のわたしが、ジャカランダの花を眺められる機会はなかなかない。うれしくてときめいた。



 青空にもよく映えるジャカランダの花だけど、曇り空の下もまた味わい深い。幻想的な世界へと誘われるようだ。

画像


 村人たちにとっては、毎年のことだから、わざわざ花を愛でることもないのかもしれない。でもきっと、花の時季がくると気分がちがうのだろうなと勝手に想像する。

画像


 ジャカランダのスワヒリ語名を知りたくなって、村人たちに聞いてみた。異口同音に返ってきたのは「Mkrisimasi」=「クリスマスの木」。
 うーん?そうなのかな?
そうだ、ルカニ村の小学校の校長を18年にわたって務め、村人の多くが教え子だという(今回、わたしと夫もいろいろお世話になった)キマロ先生にも聞いてみよう!思った。

画像
キマロ先生


 お答えは、やはり、Mkrisimasi 。
「この花が咲くともうすぐクリスマスだ、今年も終わるなあと思うんだよ」なのだそうだ。

 ダルエスサラームでは、やはりこの時季に真っ赤な花を咲かせる鳳凰木がMkrisimasiと呼ばれてる。クリスマスの木はいろいろあるんだね。

画像
もう一つのmkrisimasi(ここはダルエスではないけれど)


 ジャカランダの花は日本の桜のように、ルカニ村では季節を感じさせる花なのね。

画像




※英語→スワヒリ語の辞書を見てみたら、jacaranda = mjakaranda と載っていた。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
花盛りのルカニ村☆幻想的なジャカランダ タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる