タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 水不足でもバオバブの花は咲く☆キンゴルウィラ村

<<   作成日時 : 2016/12/24 11:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の11月のキンゴルウィラ村、川はまったく干上がってしまっていた。
 その川を越えて歩いていくと、ウルグル山のシルエットの前にどーんとそびえ立つようなバオバブの木たちが現れてくる。

画像


 緑の若々しい葉をつけたバオバブや、真っ白な花を誇らしげに咲かせたバオバブも堂々と立っている。

画像

画像

画像


 まだ小さな実たちをぶら下げた木もあった。

画像


 周りの木々や灌木も緑を茂らせていて、植物たちは逞しい。

画像


 人びともまた、逞しい。

画像


 川沿いに井戸はあって、水も出るのだけれど、塩分が含まれていて、飲料水や洗濯(泡立ちが悪い)などには使いづらいのだそうだ。

画像

画像
手前の低いところが本当は川だった。


 だから、村人たちは、地面に穴を掘って、染み出てきた水を汲んでゆくのだ。

画像

画像


 水売りもやってくるから、買い水をすることもできるんだけど、お金がかかるよね。

 夫とわたしが泊まっていた、今は亡きグビさんの家には、弟のハミシ夫妻とその家族が住んでいる。

画像
左からハミシさんと妻のハディージャさん。手前のムゼーは近所の人。


 この家の裏のタンクにまだ貯め水があった。ごくたまに庭の水道から水が出るときに、貯めておくそうだ。

画像

 
 今回は村には、1泊だけの滞在だったので、節水のため体は洗わなくてもいいかなと思ってた。けれど、ハディージャさんがそのためのお湯を沸かしてくれたので、ありがたく使わせていただいた。でもバケツ一杯のお湯の4分の1ほどの量の水で、全身を洗え、次の人の分を残せた。我ながらちょっと誇らしい(?)気分に。

 小雨季が遅れている。ちゃんと降ってくれれば、人びとも畑の作物も喜ぶのだ。





※関連記事「キンゴルウィラ村の水をめぐる物語」(川に水があるときの話)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
水不足でもバオバブの花は咲く☆キンゴルウィラ村 タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる