アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「子どもたち」のブログ記事

みんなの「子どもたち」ブログ

タイトル 日 時
子どもの本の持つちから☆ルカニ村
子どもの本の持つちから☆ルカニ村  小学生の3年生くらいのときだっただろうか、明け方に目がぱっちりと覚めてしまったとき、そのまま布団の中で読みかけの『ミツバチマーヤの冒険』のページを開いた。読み進めるにしたがって、周りの景色がだんだんと変わってゆく。明け方の空の中、わたし自身がミツバチになって飛び始め、物語の真っただ中に飛び込んでゆく、というときめきの経験を今でも覚えている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 17:13
悲しみを独り占めさせないために
悲しみを独り占めさせないために  知り合いの運転手のMさんの妻が急逝してしまった。お葬式には間に合わなかったので、その翌日に何人かの知り合いと一緒に弔問に行って来た。ムスリムなので、亡くなった翌日にはもうお墓に埋葬されていたのだ。まだ30歳だった。それまで元気だったのに突然急激な腹痛に見舞われて逝ってしまったのだ。小学校4年生の男の子Yくんと5歳の女の子Lちゃんの2人の子どもがいる。    ダルエスサラームの郊外にあるMさんの家には、まだたくさんの人がいた。お葬式は埋葬の後でも続いているのだという。家のそばの空き地にはゴザ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/15 21:48
宗教や民族が違っても「同じ釜の飯」を食べられるのさ
宗教や民族が違っても「同じ釜の飯」を食べられるのさ  2月には日本の大学に行っている子どもたちが帰省していた。二人ともタンザニア生まれで、高校までは当地で学んでいた。息子は3月に大学を卒業し、4月から日本の社会人となる。娘は卒業までにまだ間があるけれど。  だから息子にとっては、この期間は、誰からも(ほとんど)文句や小言を言われない「わが世の春」なのであった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/02 21:02

トップへ | みんなの「子どもたち」ブログ

トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
タンザニア徒然草 子どもたちのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる