タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘンドリック・リランガ、インタビュー☆NHKラジオジャパンの書き起こし☆前半☆

<<   作成日時 : 2018/10/30 12:11   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 これは、ヘンドリック・リランガが来日中にNHKラジオジャパンのスワヒリ語放送で6月4日に受けたインタビューを書き起こししたものです(個人で録音して書き起こししていますので、文責はこちらにありまする)。おしゃべりなヘンドリックがリランガの芸術やシェタニ(精霊)、日本との関係などについて語っています。

画像
ヘンドリック・リランガとその作品たち(京都、堺町画廊にて)


 最初の放送日が6月17日だったので、ちょっと(?)日にちが経ってしまいましたが、日本語訳したので、前編部分をアップします。少し長いので前後編と分けました。オリジナルのスワヒリ語は日本語の後にあります。(もし書きおこしや訳におかしいところがあれば、教えてくださいまし)
☆Mahojiano ya lugha ya Kiswahili ni yapo baada ya Kijapani. 

画像
座・高円寺、Galleryアソビバでのヘンドリック・リランガ


      


☆ヘンドリック・リランガ インタビュー 前半
                                       
 A:アナウンサー/L:ヘンドリック・リランガ

A: リランガの絵画を知っていますか。タンザニアで旅行者たちにとても人気のある作品です。でも、それだけでなく、今、日本を含め、いろいろな国でこの絵画のファンが増えています。とてもすてきで目にも映える作品たちなので、見たならその作家のことを知りたくなることうけあいです。

今年の5月15日から6月3日まで、東京でリランガの展覧会が行われていました。作家であるヘンドリック・リランガは、ファンの皆さんに会うために、また展示されている作品とその芸術についてのお話をするために5月28日に日本にやって来ました。
この展覧会は、6月6日から16日まで名古屋で、6月9日から17日まで京都で行われます。

画像


6月の初めに、わたしはリランガの作風を受け継ぐ唯一の画家であるヘンドリック・リランガにインタビューしました。多くの事柄についてお話をききました。

最初に、どうして絵を描くことに魅かれたのかを知りたいのですが。

L:絵を描くということに魅力を感じたかですね。最初は、ただ見ることでした。大いなる芸術家、つまり祖父とわたしは一緒に住んでいたのです。次に、祖父は、わたしに芸術の才能があると見抜いてからは、わたしが画家になるために多くの力を割いてくれました。わたしが今このようにお話しできるのも、祖父がたくさんの力をわたしに注いでくれたからです。つまり、祖父がいなければ、ここまで来られたかどうかわかりません。

画像
祖父、ジョージ・リランガとその作品たち


A:つまりおじいさんの絵に魅かれて…遠い地点まで行くことを思いながら、学び始めたのですね。

L:わたしは注意深く周りを見ていました。祖父の家はそれ自体が工房でした。すべてがそこにあり、わたしはそこに住んでいました。だからわたしはただ観察していればよかったんです。もっと知りたいときには、「おじいさん、これは何?これは何?」と訊くと。だから祖父と一緒にいて、よく見ていれば、物事を知ることができます。祖父がわたしに用意してくれることをただ待って、何が起こるかを見るのです。今のわたしがあるのも祖父のおかげです。

画像
祖父の家の門にもシェタニがいた


A:そうなんですね。お祖父さんの故ジョージ・リランガは、ティンガティンガの画家たちと一緒に仕事をしていたと資料にあります。のちに、それぞれがそれぞれの作品を作り、その作品たちはよりその魅力を増しました。それにしても、ティンガティンガとリランガの芸術の違いは、わかりにくいです。この二つの違いはなんなのでしょうか。

画像
ジョージ・リランガのダルエスサラームでの個展(2001年)のポスター


L:リランガスタイルとティンガティガの違いは、リランガの作品は、よく考える、さらに想像するということです。ティンガティンガの作品は、ゾウを描く、でもそのゾウは、ゾウそのものではありません。マンガのようでもあります。彼らは動物、鳥やたぶん森などを描くことにこだわっています。しかし、リランガはそうではありません。
シェタニ(精霊)かまたは見知らぬ生き物のようなものが見えますが、どこか、色合いや、彼らの姿かたちや、そのお話などに魅力があります。なので、考えることが必要な作品です。思考を巡らせなければならない、毎日必ず考えるのです。

画像
ヘンドリック・リランガ作品:「困ったことがあったらおいらに言いな」水彩画


A:リランガの作品は、誰かが見た場合、その人が作家でなければこれが何を示しているのかわからないシェタニのような人間や変わった人間を表しているということですね。なので、謎があると。

L:謎です。

A:まだ会ったことのないファンの人たちにどのように説明するのですか。たぶん彼らはあなたの作品たちを見て、これは何だろうと自問していることでしょう。

L:ええ、もちろん、作品の説明のためにこうして回っているのです。なぜなら多くの方が最初にリランガのシェタニの話を聞いたときに、「シェタニ!?」というのを見てきました。
でも、見に来た方たちは「あ!だけど、(シェタニたちは)いいねえ」って口にします。そしてもっと知りたくなるのです。そこで、わたしが説明し始めると聞いた方たちはもっと好きになります。のちに彼らは発見します。「あれ、わたしたちが見ていたシェタニの名は違った二つのもの※1があるんだ。これはよりいいものだし、より惹きつけられる」。そして、家にこの絵があったらなあと思うようになるのです。ねえ、これはなかなかたいへんです。でもそのシェタニという言葉こそが人々を「このシェタニたちってどうなの?」って見に来させ、来た人たちは、最初には思ってもいなかったよい物たちと出会うのです。

画像
作品の解説をするヘンドリック。座・高円寺、Galleryアソビバにて


A:人間のようだけど、シェタニを描いていると考えているというのが、あなたの答えなのですね。シェタニというのは、目で見ることができない生き物ですね。

L: ええ、そうです。

A:この生き物を描くときにどんなイメージを得ているのですか。

L:ええ、目に見えない生き物というのは、その通りです。でも、夢を通じて見られます。それは夢です。まさに、まさに、夢です。現在、わたしはすでに画家となったので、夢で見たものを創作することを試みています。そして人々が見る必要のあるものを。わたしが話をしてもわかってもらえなければ、人々に見せるために画家としての力を使うのです。わたしのシェタニ、わたしが考えたシェタニはこの作品のようですと。なので、人々は喜んでくれます。それは、一人一人がその存在を知っているからです。でも、わかってもらうのは、とても難しいです。

画像
ヘンドリック・リランガ作品「鳥の卵を探して売るのさ」ペン画2013年


A:多分どの国やとの地域も彼らのシェタニを信じているのでしょう。たとえば、あなたは今、日本にいます。たぶん、ここでもシェタニはこのようなものだという捉え方があり、今でもそうなのでしょう。日本での展示をするにあたって、あなたの作品は日本のものから影響を受けているところがあるのでしょうか。

L:ええ、東京の展示では、とても好評を受けている作品があります。それは太陽の神様はいると意味づけた作品です。ここでは太陽の神様を信じていると。だから、わたしはそれを描きました。最初の時に根本夫人※2が来た時「わあ、これが欲しいわあ。太陽の神様」と言ったのです。それで、わたしは学びました。日本の皆さんのシェタニを見たら、太陽の神様、雲の神様、ほかにもわからないけど、ここ日本には何かの神様がいると分かったのです。わたしの知っていることは限られていますが、太陽の神様からスタートしました。

画像
ヘンドリック・リランガ作品「太陽の神様が見ている」エナメル画2016年


A:そうですか。日本に来る前、あなたと日本との関係はどうだったのですか。

L:祖父は長い間、90年代から日本の人々と友人関係がありました。JATAツアーズ※3の人たちは、このころから多くの芸術に関心のある旅行者をわたしたちのところに連れてきていました。つまり90年代からつながりがあったのです。

A:あなたもそうだったのですか。

L:90年代は、わたしはまだ祖父の下にいました。なので、わたしはいただけです。その陰にね。でも在りようをちゃんと見ていました。だからその状況に慣れていました。98年にわたしは独立した画家となりました。自分自身で始めたのです。彼らとコンタクトを取り始めました。彼らも、JATAツアーズなどには、光がありました。つまり、わたしに光を当ててくれました。わたしが何かするたびに、より近くにいてくれました。
祖父が亡くなったときでさえも、彼らは、最初に、「おじいさんは亡くなったけど、あなたがどこに住んで何をするかを教えてほしい。もし、お客さんがあれば、あなたのところに連れて行くから」とわたしに伝えたのです。そうです、それが最初でした。

(後半へ続く)

(写真は自前です)

<訳注>

※1 ヘンドリックいわく、シェタニには良いものと悪いものがいるそうです。その二つのことでしょう。ヘンドリックのシェタニは人々を災いから守る良いシェタニだそうです。

※2 根本夫人とはわたし(金山麻美)を指しています。わたしがダルエスサラームのキガンボーニにあるヘンドリックのアトリエに行ったときのことを述べています。「太陽の神様」だからじゃなくて絵が素敵な迫力に満ちていたから「欲しいわあ」と言ったんですけどね。

JATAツアーズと言及していますが、正確には夫の根本利通を指していると思います。彼は80年代後半からヘンドリックの祖父のジョージ・リランガと親しくしていました。そしてJATAツアーズの創業者でもあります。今回のヘンドリック展の開催のきっかけ作りをしたのは彼でした。

画像
ヘンドリック・リランガ作品「水不足でアフリカのママたちはたいへん」エナメル画2016年


Mahojiano ya Hendrick Lilanga kupitia NHK World Radio Japan Swahili,
4th June2018/Sehemu ya kwanza


A=Mtangazazi wa NHK
L=Hendrick Lilanga

A:Je, unaifaham michoro ya Lilanga? Ni michoro inayopendwa sana na watalii kule nchini
Tanzania.
Lakini pia sasa michoro hiyo imenea na kupendo katika mataifa mbalimbali ikiwemo Japani.
Ni mizuri inapendeza macho sana, ukiiona lazima utataka kumfahamu mchoraji wake.

Kuanzia tarehe 15 mwezi May hadi June 3 mwaka fuu,kulifanyika maonyesho ya sanaa ya Lilanga katika jiji la Tokyo. Na msanii wa michoro hiyo Hendrick Lilanga aliwashiri nchini Japani mnamo May 28. Kwa jiri ya kukutana na mashabiki wake na kwapa ufafanuji wa akina kuhusu michoro hiyo iliyo katika maonyesho na sanaa hiyo kwa jumla.
Monyesho hayo yaliendelea kwanzia June 6 hadi June 16 katika mji wa Nagoya, na June 9 hadi June 17 maonyesho yalifanika katika mkoa wa Kyoto.

Mapema mwezi June nimefanya mahojiano na Hendrick・Lilanga, msanii pekee alifanyikia kuviendeleza sanaa michoro ya Lilanga. Pamoja na mambo mengine mengi niliyozungumuza naye.

Kwanza kabisa nilitakufahamu nini kilimvutia sanaa ya uchoraji?

L:Mmm.. Sanaa ya uchoraji kilichonivutia zaidi, kwanza ni kuona tu naishi na mtu ambaye msanii mkubwa ambaye ni babu yangu, halafu pili na yeye ndiyo alijitahidi zaidi ili niwe msanii baadaya kugundua kuwanba mimi nina kipaji cha sanaa. Na yeye ndiyo alitia nguvu nyingi sana kunifanya mimi paka leo hivi ninavyoongea, yaani bila yeye sidhani ningefika nimelewa hapa.

A:Kwa hiyo ulivutia tu vile anavyochora akataka kui.. ulikuwa tu unaanza kuchezacheza kufikilia kama utafika mbali.

L:A,Ah, Nilikuwa kama mdadisi zaidi. Kwa sababu ni unajua mzee nymbani kwake ndiyo ilikuwa workshop hapo hapo kila kitu ni hapo hapo kwake na mimi ninaishi hapo. Kwa hiyo mimi ni mdadisi tu. Kama anadadisi zaidi , mzee hiki nini? hiki nini? kwa hiyo nafikiri kwa kitendo cha kudadisi naye aliishi huyu inawezekana anataka kujua kitu. Ngoja aniandae basi aone kitatokea nini. Lakini nafikiri nidicho kilichotokea leo niko kama yeye tena.

A:Sawa sawa. Na historia inaonyesha kwamba marehemu George Lilanga ambaye ni babu yako aliwahi kufanya kazi pamoja wachoraji wa Tingatinga, na baadaye kila moja akafanya sanaa kivyake vyake ingawa sanaa vyake inavuma zaidi. Lakini kuna watu wanashindwa kutofautisha sanaa ya Tingatinga na Lilanga.Tofauti ya sanaa hizi mbili ni nini?

L:Tofauti ya sanaa ya Lilanga style na Tingatinga, sanaa ya Lilanga ni unafikiria zaidi,imagination zaidi. Sasa Tingatinga, tembo alivyo unachora, lakini yule tembo anavyochorwa pale hakamiliki kwa kama kwa tembo kamili. Inakuwa kama cartoon hivi hivi, lakini na wao wamestick sana maobo ya wanyama wanyama, ndege labda msitu msitu. Lakini Lilanga siyo.Lilanga, ukiona inakuwa kama mashetani au viumbe visivyovieleweka, lakini vinamvutio fulani, kwa rangi, na zile shape wanazokaa, zinakuwa na hadithi. Kwa hiyo ni sanaa ambayo ni lazima ufikirie, lazima ufikirie na kila siku ni lazima ufikirie.

A:Umesema michoro ya Lilanga, inaonyesha aina ya watu kama vile mashetani au watu tofauti ambao mtu akiangalia hivi kama siyo msanii huwezi kujua ni kitu gani kinachozungumuziwa hapa. Kwa hiyo ni fumbo.

L: Ni fumbo.

A:Na unafanyaje kuwafafanulia mashabiki ambao hujawahi kukutana nao, pengine wamekutana na michoro yako wanajiuliza hiki ni kitu gani.

L: Na ndiyo sababu ninatembea sasa hivi katika kufafanua hii michoro. Kwa sababu nimeangalia wengi kwanza wakisikia ile hadithi kwamba mashetani ya Lilanga watu wana.. `Mashetani!?` . Lakini wakija kuona wanasema `Ah! Lakini mbona wazuri` Sasa wanataka kama kujua zaidi. Sasa pale nilipo mimi ninaanza kufafanua kuwafanya wao wapende zaidi.
Lakini baadaye wanakuja kugundua `Ah, kumbe ile jina la mashetani na tunavyoona ni vitu viwili tofauti. Hivi ni vizuri zaidi, na vinavutia zaidi na mtu anatamani atakuwa nayo nyumbani kwake.Umeona, hiyo nidiyo shida. Lakini mimi nafikiri lile neno la mashetani ndilo linalofanya watu pia waje kuangalia hayo mashetani yakoje lakini wakija wanakutana vitu vizuri tu, ambavyo wao hawakufikiria mwanzo.

A: Ulivyofikiria kuchora vitu vya ni kama watu lakini ni mashetani kwa mjibu wako wewe. Mashetani tunafahamu kwamba viumbe ambavyo hatuwezi kuviona kwa macho.

L: Kwa macho. Yah.

A: Wewe ulipata taswira gani wakati unachora hivyo viumbe?

L: Aa,ni kweli ni viumbe ambavyo hatuviona kwa macho lakini tunaweza kuviona kupitia ndoto,
ni ndoto, sana sana ni ndoto. Sasa kwa sababu mimi tayari nimeshakuwa msanii,najaribu sasa kufanya sasa vitu ambavyo naviona katika ndoto,halafu sasa na watu wanahitaji kuviona
kama nitawaambia hawatanielewa ndio maana natumia sanaa yangu ya uchoraji ili niwaonyeshe watu a,bwana, mashetani ya mimi ninayoyafikiri mimi yanafanana na mfano huu.
Kwa hiyo watu wanafurahi kwa sababu kila mtu naye anajua ivyo vitu. Lakini kuvielezea ni vigumu sana.

A: Na pengine kila nchi au kila eneo kuna jinsi wanavyoamini mashetani wakoje. Kwa mfano sasa hivi uko nchini Japani,pengine hapa kuna jinsi wao wanavyofikiria mashetani wako hivi,
Wao kufikiria sasa hivi unaenda kufanya maonyesho Japani, kwa hiyo michoro yangu iendane kidogo na vile vinavyotokana na Japani.

L: Ehe-,sasa ukiangalia ya maonyesho ya hapa Japani Tokyo,kuna picha moja imependwa sana.
Lakini ile, nilimaanisha hivyo, kwamba kuna mungu wa jua, na hapa wanaamini yupo mungu wa jua. Kwa hiyo nilichora. Na hata mara ya kwanza kabisa Mama Nemoto aliopokuja `Ah- Ninaitaka hii, Mungu wa Jua ` kwa sababu nilianza kujifunza, Ah! Lakini ebu niangalie mashetani yako , nikajua kuna mungu wa jua, kuna mungu wa mawingu, sijuui kuna mungu wa nini kwa huku Japani. Kwa hiyo mimi nikasema uchache wangu na uelewa wangu ni mdogo, nitaanza Mungu wa Jua.

A: Sawa sawa. Kabla fujafika hapa Japani,ushirikiano wako ulikuwaje kati ya wewe na hapa Japani.

L: Babu yangu kwanza ni rafiki wa siku nyingi sana na watu wa Japani toka miaka ya 90.
Kuna hawa JATA Tours na wao wamekuwa wakipeleka watalii wengi kutoka miaka hiyo,kwamba wakihitaji mambo ya sanaa walikuwa wanawaleta kwetu. Kwa maana huu ufusiano ulianza toka miaka ya 90.

A: Na ulikuwa ukiendelea kwasiliana nao?

L: Ah! Sasa miaka ya 90, mimi nilikuwa chini ya mzee. Kwa hiyo mimi nilikuwa nipo tu,kama kivuli tu. Lakini naona kabisa ivyo kumbe, ah ivyo. Kwa hiyo nilizoea hivyo. Lakini kwenye miaka ya 98, mimi nilipoanza kwa solo artist. Sasa nilikuwa nimeshaanza kufanya mimi mnyewe. Kwa hiyo nikaanza sasa kama kukontact nao. Na wao sasa pia, kama JATA Tours walikuwa wanamulika , yaani kama wananimulika, kila ninachofanya na nini ili kwa nao karibu zaidi, na hata mzee alipokufa, wao ndiyo kwanza kusema sasa mzee amekufa, sasa itabidhi tujue unakaa wapi na unafanya nini ili tukipata watalii wetu tuwe tunawaleta kwenu. Hivyo ilikuwa mwanzo.

★Kuendelea kwa sehemu mbili

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
ヘンドリック・リランガ、インタビュー☆NHKラジオジャパンの書き起こし☆前半☆ タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる