タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS 『カリブタンザニア』を日本へ運ぶ

<<   作成日時 : 2016/07/22 14:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 また、予告なくブログをしばらくお休みしてしまいました。。
 今回は病に倒れていたわけではなく、6月末にできあがった新しい『カリブタンザニア』を日本に運ぶというお仕事があったためです。

画像
表紙の絵はジョージ・リランガ、中表紙はその孫のヘンドリック・リランガの作品


 『カリブタンザニア』は、JAPAN TANZANIA Toursの責任編集のタンザニア旅行案内。今回出たのは2016/17年版。もう改訂が8回目となりました。なんと編集長はわたしです。えっへん<(`^´)>。

 JATAツアーズのスタッフだけでなく、タンザニア各地で活躍している方々にも協力していただきました。アサンテサーナ(どうもありがとう)。

 今回は、いつも頼んでいたダルエスサラームにある印刷屋さんが残念ながら(オーナーが疲れたとか言って)閉じてしまったので、別のところで印刷製本したのですが、これがなかなか、一筋縄ではいかない感じで。。ちょっと印刷が斜めっているところなどが、あるんですが、ご容赦を。ともあれタンザニアメードのガイドブックです。

画像
これは最初に作った見本本。このようなビビットなオレンジ色の表紙のはずだったんだけど。。
 

 以下、『カリブタンザニア』の後書きより。

「首都ダルエスサラームの年々たいへんになる車の渋滞、高層ビルの建築ラッシュ、でも大雨季には道路が川になり、停電や断水は相変わらずだし、村の生活は昔とあまり変ってないし…。そんなタンザニアの人びと日本のみなさんを微力ながらつなぐお手伝いができたらと考えています。硬直していく「先進国」をよい意味で溶かしていくのはタンザニアのような風土、文化、人びとではないのでしょうか。

わたしたちが目指しているのは、かゆいところに手が届くガイドブックではありません。かなり筆者たちの好み?も入っておりますし。この情報を元にご自分の旅を作っていってください。余白にご自分の旅を書き込んでいただくことこそわたしたちの望みです」

 そんなガイドブックです。タンザニアではJATAツアーズにて10,000シリング、日本ではマイチケットで800円で発売中です!

画像


 『カリブタンザニア』の行商?や、8月のオルタナティブ・ツアーに参加する方に会ったり、マイチケットのタンザニア紹介のネット番組に出演したり(もっとはっちゃければよかったかな〜)して蒸し暑い日本の夏をすごしてきました。

画像


 今は涼しいダルエスサラームに戻ってきました。またちょくちょく更新たいと思っていますので(途中になっていた北の旅行の続きも)よろしくお願いします。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
『カリブタンザニア』を日本へ運ぶ タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる