タンザニア徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS シスター・ジーン、永遠にタンザニアに眠る

<<   作成日時 : 2017/10/01 18:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 ニュンバヤサナーを覚えている方はおられるだろうか。1969年にアメリカから来た宣教師のシスター・ジーン(Sister Jean Pruitt)の情熱が初代ニエレレ大統領を動かして作られた「芸術の家」で、1970年代前半から若手芸術家たちや障害を持った人たちの研鑽の場所となった。その後、彼女はストリートチルドレンのためのホーム、ドゴドゴセンターや近年ではムササニ半島にあるビパジギャラリーの創設なども行い、タンザニアの若者たちの母親的存在だった。そのシスター・ジーンが先月、9月10日に天に召された。77歳だった。アルーシャで友人を訪ねる途中に倒れたのだという。

画像


 この携帯電話やインターネットの時代になってもまだまだタンザニアのクチコミはすごい。シスター・ジーンの訃報を知ったのは、ジャタツアーズの運転手のMからだった。9月11日、月曜日のことだ。その前日に絵描きのイマンジャマから聞いて、わたしに伝えて欲しいと言われたらしい。そのすぐ後にマコンデ彫刻家のフィデリスがオフィスまでやってきて、告別式の準備のために昔のニュンバヤサナーのアーティストやスタッフたちもいろいろ動いているから、はっきりしたことがわかったらまた伝えると言う。

 シスター・ジーンのニュンバヤサナーの建物がなくなってからもう6年以上経つし、お別れ会のために実際に動いているのは初期のころからのニュンバヤサナーに関わってきた人たちのようだ。彼らのその創成期からのタンザニアの芸術を自分たちで作ってきたのだという自負と、彼らに賭けたシスター・ジーンの情熱をいまさらながらに感じるのだった。アーティストたちのシスター・ジーンへの想いとともに。

画像
カリムジーホール

 
 9月20日にダルエスサラームのカリムジーホールで行われた告別式には、芸術家たちや元ストリートチルドレンなど多くの関係者が集まり、別れを惜しんだ。

画像

画像


 元ニュンバヤサナーにいたアーティストたちやスタッフたちも20人以上は集まり、この機会に再びつながろうと話し合いを持っていた。まず皆で、WhatsAppでつながろうっていうのが、現代的だなあと思ったけれど。
 ニュンバヤサナーで習得した技術などをこれから先にも次世代にも生かしていけるようにと。持てる力を眠らせてしまわないようにと。シスター・ジーンの作ったニュンバヤサナーは生きているのかもしれない。脈々とタンザニアの芸術家たちをつなげて、新しいムーブメントが作り出せるといい。

画像
元ニュンバヤサナーの関係者たちの記念撮影


 年齢的にはちょっとくたびれてきた感じ(失礼)の彼らだけど、まだまだ頑張れるよ。頑張ってほしい。

画像
熱く語る「彼ら」


 わたしはシスター・ジーンに会ったのは片手で数えるほどだったけれど、いつも日だまりのようなあたたかさのある人だった。

  ひとつのタンザニアの歴史を作ったシスター・ジーンは愛するタンザニアの地で永遠の眠りにつく。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ニュンバヤサナーの名前だけ知っていて、その建物がなくなったという話だけ知っていました。情熱をもって創設したシスターがいたことを今回知りました。77歳と言えば、現代では早いです。彼女が愛した芸術の灯が続きますように。
zoomie
2017/10/19 20:35
Zoomieさん

いつもコメントをありがとうございます。
今年は(わたしにとって)大切な人たちが逝ってしまう年だなあなんて思ったりもしています。でもその人たちが残したものがまた芽吹いてゆけば、いいのですよね。
asami
2017/10/20 12:40
はい。残したものが芽吹きますね!出会って別れることは悲しいけど、出会わず別れることもなかったことに比べたらずっと幸せ。。。と言ってくれた、とある知人の言葉をこういうときに思い出して噛みしめます。
zoomie
2017/11/24 21:05
zoomieさん

いつもコメントをありがとうございます。じーんとうれしいです。すてきなメッセージをありがとうございます。こころに沁みます。
asami
2017/11/26 01:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
シスター・ジーン、永遠にタンザニアに眠る タンザニア徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる