アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「タンザニア美術」のブログ記事

みんなの「タンザニア美術」ブログ

タイトル 日 時
「ネモト」ちゃんに会いに行く
「ネモト」ちゃんに会いに行く  今年の1月10日過ぎ、ダルエスサラームの自宅にいたわたしに、彫刻家のマティアスから電話があった。 「男の子が産まれたから、名前をムゼーからもらって『ネモト』ってつけたいんだけど、いいかな」って。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/24 21:10
リランガカレンダー2017は一味違う☆
リランガカレンダー2017は一味違う☆  リランガレンダーの歴史は、なんと30年前にさかのぼります。1986年以来、シェタニ(精霊)をモチーフにする画家ジョージ・リランガに絵を描いてもらって、カレンダーを作成してきました。2005年にジョージ・リランガが他界しても彼が残してくれた絵を使って作り続け、2008年からは、その中のバティックの絵を使って、絵画としても鑑賞できそうな一枚物のカレンダーを製作してきました。カレンダーに合うバティック絵のストックが残念ながら少なくなってきたことと同時に、そろそろ力をつけてきた次世代の出番ということで... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/30 17:20
贅沢なマンガ展@ダルエスサラーム
贅沢なマンガ展@ダルエスサラーム  国立博物館の「マンガ展」※に行ってきた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/23 22:48
リランガカレンダー2016☆しあわせなお父さん
リランガカレンダー2016☆しあわせなお父さん  前回登場したヘンドリック・リランガのお祖父さんのジョージ・リランガ(1934〜2005)のシェタニ(精霊)のバティック絵を使った1枚もののカレンダー制作も、今回で9回目となった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/01 14:49
太陽より明るいシェタニ☆ヘンドリック・リランガのアトリエ
太陽より明るいシェタニ☆ヘンドリック・リランガのアトリエ  燦々と降り注ぐ太陽。暑い日が続く中、日本の旅行会社マイチケット社から来ていた金谷さんとダルエスサラームの魚市場近くのフェリー乗り場から対岸のキガンボーニへ。ヘンドリック・リランガの家に行くのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/29 17:27
街中のニュンバヤサナーがオープン!
街中のニュンバヤサナーがオープン!  ダルエスサラームの芸術センターだった街中のニュンバヤサナーが閉じてから、早4年。ジョージ・リランガの彫刻に守られた建物自体が芸術作品だったようなニュンバヤサナーはもうないけれど、ちょうどその跡地にできた銀行ビルの1階に、モダンに変身したような新生ニュンバヤサナーがオープンした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/22 17:03
実録☆ティンガティンガのカンガができるまで
実録☆ティンガティンガのカンガができるまで  ティンガティンガ派絵画の画家たちから直接絵を習ってネームプレートを作っちゃおうという企画(byダルエスサラームのバオバブ会 at 日本語補習校)があった。 5人の画家に来てもらい、14人の素人(たぶん)の習い手が集まって、それぞれが見よう見まねでトライしてみたのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/03 11:37
ザンジバルのアート☆シェリー・ヘナ・アート・スタジオ
ザンジバルのアート☆シェリー・ヘナ・アート・スタジオ  ザンジバルのストーンタウンのフルムジ(Hurumzi)※1通りの一角にそのスタジオはあった。シェリー・ヘナ・アート・スタジオ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/23 11:17
ザンジバルで出会ったアート☆チーク・アモンデ
ザンジバルで出会ったアート☆チーク・アモンデ  2月に他界してしまったティンガティンガ派絵画の長老だったムゼー・アモンデ(オマリ・アモンデ)。10年ほど前にまだまだ健在だったご本人に聞いたときには「わたしの子どもたちは1人も絵描きになっていないんだよ」と言っていたはず。。それで、ああ、画家の世界も厳しいのかな、でもさびしくもあるなと思った覚えがあったけど、あにはからんや、ムゼー・アモンデの4人の子どものうち、一番上の男の子は、ちゃんと画家になっていて、ザンジバルにいるという。。  わたしの聞き間違えだったんだろうか??? (ムゼー・アモ... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/15 22:21
シェタニのノート
シェタニのノート   真っ赤な舞台にちょっと今風?のファッションのシェタニ(精霊)たちがわんさかと。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/27 13:00
さようなら。。ムゼー・アモンデ。
さようなら。。ムゼー・アモンデ。  ムゼー・アモンデが逝ってしまった。    ティンガティンガのワークショップのあるモロゴロストアの工房の奥のほうの一角でムゼー・アモンデは絵を描いていた。工房に行ったときに、ムゼー・アモンデに「シカモ―」と挨拶すると、制作中の顔をあげて、笑顔で「マラハバー」と答えてくれる。その笑顔がなんともやさしくて、わたしの心もまあるくなるのだった。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/21 09:46
ヘンドリックのアトリエへ☆その2
ヘンドリックのアトリエへ☆その2  ヘンドリック・リランガのギャラリーにようこそ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/18 17:40
ヘンドリックのキガンボーニのアトリエへ☆その1
ヘンドリックのキガンボーニのアトリエへ☆その1  シェタニをモチーフに活躍する芸術家ヘンドリック・リランガのアトリエ兼ギャラリー兼住居は、ダルエスサラームの街中の海辺から見える対岸のキガンボーニにある。  実は、陸続きなのだけど、魚市場近くから出るフェリーに乗って行ったほうが早い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/15 20:20
マジマジの人々☆反乱の記念碑
マジマジの人々☆反乱の記念碑  ダルエスサラームからキルワへ行く海沿いに走る(海はほとんど見えないけど)道路はとてもよくなったのでドライブも快適。10年前にルフィジ川にも橋がかかり、キルワの県庁所在地キルワ・マソコまで330qの道のりを6時間ほどで行ける。でも2001年の『カリブタンザニア』を見ると「(ルフィジ川を渡る)フェリーの待ち時間を除いて走行時間が7〜10時間という悪路だが、雨季に入ると更に悪化し、数ヶ月間は交通が途絶えるのが普通である」とあった。陸の孤島化していたのだ。マジマジの反乱でドイツ軍の焦土戦で焼き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/10 20:14
リランガカレンダー2015☆三つ子が生まれた記念日
リランガカレンダー2015☆三つ子が生まれた記念日  タンザニアを代表する画家、ジョージ・リランガ(1934〜2005)のカラフルで楽しいバティックを使った来年用のカレンダーをご紹介。 リランガの絵の中ではたくさんのシェタニ(精霊)たちが活躍しています。  今回は、新年の壁を飾るにふさわしいおめでたい絵のようですよ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/29 16:15
タンザニアの芸術遺産@リランガのレリーフ
タンザニアの芸術遺産@リランガのレリーフ  昨晩ジョージ・リランガ展が行なわれている国立博物館で関係者を集めたレセプションがあり、わたしと夫も混ぜてもらった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/26 20:33
ジョージ・リランガ展はじまる@国立博物館
ジョージ・リランガ展はじまる@国立博物館  ダルエスサラームの国立博物館で「IMAGININGS:THE WORLDS OF GEORGE LILANGA」と銘打ったジョージ・リランガ(1934〜2005)※の展覧会が昨日土曜日20日から26日の金曜日まで開催されるという。今回は、今はなき街中の芸術センターだったニュンバヤサナーの建物を飾っていたリランガ作のレリーフもお目見えするという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 07:12
少欲知足☆Kila mmoja kadri ya mahitaji yake
少欲知足☆Kila mmoja kadri ya mahitaji yake  「Nyekundu Angani/Red in the Sky(空の赤)」とか雲「Mawingu/Clouds(雲)」「Purple Pleasure/Raha Zambarau(紫の喜び)」などという題名からしてシュールな絵本の作家、ナディル・サラニ(Nadir Tharani)は以前にこのブログでも紹介したことがある。1952年モシで生まれた彼は国内外で何度も展覧会を開いている画家なのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 7

2014/08/19 20:16
新しい「芸術の家」Vipaji Galleryの誕生日!
新しい「芸術の家」Vipaji Galleryの誕生日!  Vipajiというのはスワヒリ語でkipaji=「天賦の才能」といった意味の複数形。ビパジ・ギャラリー(Vipaji Gallery)とは、才能や、きっと夢もいっぱい詰まったギャラリーということんなんだろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/15 18:59
リランガカレンダー2014☆夫と妻
リランガカレンダー2014☆夫と妻  タンザニアを代表する画家、ジョージ・リランガ(1934〜2005)のカラフルで楽しいバティックを使った来年用のカレンダーができあがってきました。ちょっと不思議な色合いの作品となりました。  リランガの絵の中では、たくさんのシェタニ(精霊)たちが活躍しています。来年のシェタニは何をしているのかな。  15年以上前に創られたバティック画です。ジョージ・リランガの絵にはそれぞれお話があるはずなのですが、残念ながらこのバティックのお話は残っていませんでした。なので、現在祖父ジョージ・リラン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/15 20:39
ビルの谷間のキリン
ビルの谷間のキリン  ダルエスサラーム街中には、ちょっとした野外のアート・ギャラリーとなっているランドアバウトがいくつかある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/06/12 14:03
インスパイアする人々の展覧会 
インスパイアする人々の展覧会   4月14日のブログでご紹介した「芸術の家/ニュンバヤサナー」の歴史を語る本『Inspierd/Maono』の出版を記念した展覧会がダルエスサラームのアリアンス・フランセーズ(Alliance Francaise)で行われている。5月11日まで。入場無料。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/05 16:17
ほとばしる「芸術の家」の歴史
ほとばしる「芸術の家」の歴史  表紙では、ジョージ・リランガのシェタニ(精霊)がじっとこちらを見つめている。ずっしりしたオールカラーの130ページの本、『Inspired/Maono』の中には、20年以上にわたってタンザニアのアート界を牽引してきたニュンバヤサナー(芸術の家)の歴史が詰まっているのだった。(スワヒリ語版、英語版あり) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/04/14 16:21
いよいよ彫刻コンテスト、だけど…☆World Wood Day その3
いよいよ彫刻コンテスト、だけど…☆World Wood Day その3  さて、カリムジー・ホールで開かれていたWorld Wood Dayの最終日の21日。午前中に行ってみたら、何やらセレモニーをやっていた。小学生たちも招かれて、子どものアクロバットチームなどがパフォーマンスをしたり、にぎやかだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/28 14:32
World Wood Day☆彫刻家大集合
World Wood Day☆彫刻家大集合  昨日19日の午前中にマコンデ彫刻家マティアス・ナンポカから電話をもらうまで、全然知らなかったんだけど、World Wood Day2013(世界木材の日)の催しがダルエスサラームのカリムジー・ホールというところで21日まで行われているのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/20 23:24
画家のきもち☆シェタニの恋
画家のきもち☆シェタニの恋  ヘンドリック・リランガが新作の水彩画を見せてくれた。シェタニ(精霊)たちが活躍する作品たち。これがなかなかすてきなんだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/27 15:08
リランガカレンダー2013☆子どもたちを幼稚園に運ぶのがおいらたちの仕事さ
リランガカレンダー2013☆子どもたちを幼稚園に運ぶのがおいらたちの仕事さ  タンザニアを代表する画家、ジョージ・リランガ(1934〜2005)のカラフルで楽しいバティックを使った来年用のカレンダーができあがってきました。うきうきカラーの作品となりました。  リランガの絵の中では、たくさんのシェタニ(精霊)たちが活躍しています。来年のシェタニは何をしているのかな。  15年以上前に創られたバティック画です。ジョージ・リランガの絵にはそれぞれお話があるはずなのですが、残念ながらこのバティックのお話は残っていませんでした。なので、現在祖父ジョージ・リランガの後継... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/18 20:04
誕生日のプレゼント☆Zawadi ya siku ya kuzaliwa
誕生日のプレゼント☆Zawadi ya siku ya kuzaliwa  数日前に我が誕生日があった。祝ってほしいがために、まわりに吹聴してまわって、お祝いの言葉やプレゼントをせしめようとしていた(我ながらなんてヤツ)時代はとうに?過ぎたので、ひっそりと迎える予定だった。(それでもお祝いの言葉をかけてくださった方々、ありがとうございます) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/05/17 22:00
マコンデのネームプレート
マコンデのネームプレート  100軒以上の店が並ぶというダルエスサラームはムエンゲにある通称マコンデビレッジ。黒光りする黒檀の木で作られたマコンデ彫刻が小さな店の中に所狭しと並んでいる。埃を被っているのも多数ありそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/05/13 14:38
キリマンジャロに登った画家イディ
キリマンジャロに登った画家イディ  先日、ティンガティンガ派の画家イディが 「キリマンジャロの天辺までいったことがあるんだよ」 って言ったとき、わたしは、とっさに絵を描いていてそういう境地に達したことがあるっていう意味なんだろう、けっこう詩的な人だったんだねと思ったのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/02/22 18:40
東アフリカ美術祭☆EAST AFRICA ART BIENNALE 2011開催中!
東アフリカ美術祭☆EAST AFRICA ART BIENNALE 2011開催中!  東アフリカ美術祭(EAST AFRICA ART BIENNALE)がダルエスサラームのフランス文化センター(Alliance Francaise)など数箇所で同時開催されてている。16日まで。入場無料。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/07 20:10
リランガカレンダー2012☆お医者さんが治してくれる…
リランガカレンダー2012☆お医者さんが治してくれる…   タンザニアを代表する画家といえるジョージ・リランガ(1934〜2005)のカラフルで楽しいバティックを使った来年用のカレンダーがもうすぐできあがる。  リランガの絵の中では、たくさんのシェタニ(精霊)たちが活躍している。来年のシェタニは何をしているのかな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/11/03 17:02
Wonder Workshop☆リサイクルアート
Wonder Workshop☆リサイクルアート  鉄でできた不思議な動物たち−みんな廃材で作られたものなのだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/08/24 22:48
マコンデは、なんでできてる?
マコンデは、なんでできてる?   とあるマコンデ人から聞いた話 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/12 23:09
しまうまが豹になる!?
しまうまが豹になる!?  思わず見つめちゃうカラフルな看板たち!イラスト主体の広告はタンザニアでは珍しいのでは?携帯電話のプロバイダー、Vodacom.タンザニアの宣伝なのだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/05/05 16:14
シェタニの孫☆ヘンドリック・リランガ
シェタニの孫☆ヘンドリック・リランガ  こういうときだからこそ、なんだか楽しくなるような絵はいかが。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/18 23:18
さようなら、そしてこんにちは、ニュンバヤサナー
さようなら、そしてこんにちは、ニュンバヤサナー  ニュンバヤサナーはなくなってしまったわけではなかった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/02/01 13:15
リランガのレリーフ☆さようなら ニュンバヤサナー その2
リランガのレリーフ☆さようなら ニュンバヤサナー その2  ダルエスサラームの中心に位置し、かつては芸術の発信地でもあったニュンバヤサナー(芸術の家)も、都市開発の波には逆らえなくなったということだろうか。しかし、創設者シスター・ジーンが現在の場所での存続を願っていたというのに、現在のニュンバヤサナーの母体は、跡地にビルを建てるジョイントベンチャーの中に入っており、その18%のシェアを持っているという。(12月5日付『THE CITIZEN』紙より)    最近のニュンバヤサナーに迫力不足を感じていたわたしは、これも時の流れで仕方のないことなのかも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/30 13:45
さようなら ニュンバヤサナー、そして…
さようなら ニュンバヤサナー、そして…  ダルエスサラームの街の中心のシンボル的存在だった「ニュンバヤサナー」 (Nyumba ya Sanaa:芸術の家)が取り壊されている。跡地には10階建てのビルが建つそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

2011/01/29 17:19
タンザニアの子どもたち(Dogodogo Centre)の絵画展が京都で
タンザニアの子どもたち(Dogodogo Centre)の絵画展が京都で   ドゴドゴセンター(Dogodogo Centre)は、ストリートチルドレンだった子どもたちが生活する施設だ。1992年に設立され、1993年にタンザニアのNGO登録されたというこのセンターは、18年の間に直接には2,000人以上、間接的には何千人もの子どもたちを世話してきたという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/23 13:34
ティンガティンガを習う☆その2
ティンガティンガを習う☆その2  動物の形は頭の中に入っているので、すらすら筆が動くのだとズベリ先生は言う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/23 20:59
ティンガティンガを習う☆その1
ティンガティンガを習う☆その1  マコンデ彫刻実習をした岩井さんはティンガティンガ派絵画にもトライしてみたいと言う。  ティンガティンガ村の工房の長老たちに相談してみると、 「わしらは、教えられないけど、誰か画家を選んで、頼んでごらんよ」 と言われた。ので、幸せオーラの出ているような新婚画家ズベリ(Zuberi)にお願いしてみた。快くOKしてくれる。アサンテ(=ありがとう)。それが、実習希望日の2週間くらい前のことである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/12/22 22:59
マコンデ彫刻を習う☆その2
マコンデ彫刻を習う☆その2  さあ、いよいよ彫り始める。木目の見方や彫り方、道具の使い方などは、師匠マティアスが丁寧に示してくれる。緊張する第一刀。なかなか堅そうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/12/20 20:54
マコンデ彫刻を習う☆その1
マコンデ彫刻を習う☆その1  今回、マティアスの家へは、兵庫県尼崎市にある旅行会社マイチケットの岩井さんと一緒に行った。なんと今回岩井さんは、タンザニアへ「美術実習」に来たのである。彫刻には素人の彼が、大胆にもマコンデ彫刻に挑戦しようというのだ。もちろん、師匠マティアス・ナンポカに教わりながら…だけれど。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/19 21:43
ムゼー・チャリンダとムタマのウガリ
ムゼー・チャリンダとムタマのウガリ  今までは、気にしてなかったのに、意識し始めると、つぎつぎとつながり見えてくるっていうことは、あるんだね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/29 21:02
ムチョラージ☆Mchoraji☆看板やさん
ムチョラージ☆Mchoraji☆看板やさん  ムチョラージ(Mchoraji)というのは、絵描きさんという意味のスワヒリ語。 道端でお店を出している英語ではSign Painter(看板屋さん)と呼ばれる人々もムチョラージである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/26 22:04
リランガカレンダー2011☆花を見せている精霊
リランガカレンダー2011☆花を見せている精霊  タンザニアを代表する画家ともいえるジョージ・リランガ(1934〜2005)のカラフルで楽しいバティックを使った来年用のカレンダーがもうすぐできあがる。  リランガの絵の中では、たくさんのシェタニ(精霊)たちが活躍している。来年のシェタニは、花を育てて売る精霊なのだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/11/11 23:31
アグネス・ムパタ☆ティンガティンガ派の女性画家の先駆者
アグネス・ムパタ☆ティンガティンガ派の女性画家の先駆者  ダルエスサラームのモロゴロストア奥の建物を拠点とするTACS(ティンガティンガ絵画協同組合)には現在8名の女性画家が所属している。(組合員=画家は全部で50名ほどだそうだ)その先駆者となったのが、才媛アグネス・ムパタ(Agnes Mpata)だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/10/06 17:34
初めての街、初めての海
初めての街、初めての海  マコンデ彫刻家のマティアスが次男坊のヨハナ(5歳)を連れてオフィスに遊びに来た。もちろん新しい作品を見せ(売り込み?)にきたんだけど、今までは、マティアス一人で来ていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/30 18:47
Raha Zambarau☆紫のよろこび
Raha Zambarau☆紫のよろこび タンザニアの子どもの本は絵よりもお話に重点が置かれているのが、多い気がする。子どもの置かれている状況が厳しいから、啓蒙的なお話になりがちなのかもしれない。けれど、絵を見ただけで楽しくなってイマジネーションがどんどん広がっていくような絵本だって必要なはずだ。わくわくするような絵本が欲しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2010/09/19 16:03
「アフリカから学ぶ」とアモンデさんの「村の生活」
 『アフリカから学ぶ』(峯陽一、武内進一、笹岡雄一編)という本が有斐閣から出版された。定価 2,415円(本体 2,300円) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/13 18:20
NHK『プラネットベービーズ』タンザニアの子育て編16日放送!
 8月9日のブログでも触れたNHKの子育て紀行番組『プラネットベービーズ』のタンザニア編が9月16日に放送される。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/11 10:43
幸せのピンクのライオン☆Simba mwenye rangi ya waridi na furaha
 愛車のスペアタイヤには南京錠をつけてある。 「そのまま、カバーなしでほおって置くと錆びてしまって、いざという時に開けられなくなるよ」 という会社の運転手Aさんのアドバイスに従い、タイヤカバーを調達することに。でも、車で動く時にはいつも一緒になのだから、付けてて嬉しくなるカバーがいいなと思った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/08/23 18:44
リランガのエルメススカーフ
 こう見えても(??)高級ブランド品とはずーっと縁のない生活をおくってきた。今回のこのなんとエルメススカーフになったリランガとのめぐり合わせは偶然が重なったものだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/07/15 23:44
ティンガティンガの神経衰弱ゲームカード
 ティンガティンガ村で見つけたゲームカード。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/10 20:53
学校の絵描きさん
 公立の小学校や中学校の前にはお決まりのようにでかいどっしりとした看板がおいてある。  ミコチェニ小学校の看板は白いペンキが塗られ、描きかけのまま一月以上放置されていた。文字だけの看板が多い中、ラフに描かれた青空と白い雲と大地がなかなかいい雰囲気で、前を通るたびに写真を撮ろうと思いつつ、先延ばしにしていたら、先週の土曜日に絵描きさんを発見した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/05/17 20:39
ティンガティンガ☆みんなそれぞれ違うゾウ(2)
 昨日の続き、いくゾウ。   6)ルブニ(Rasidi Rubini):日本人にもファンが多い画家。色使いがきれいだ。彼を見てると職人だなあと思う。相手のニーズに合わせてぶれのない作品を作ることのできる腕の確かな職人。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/20 16:10
ティンガティンガ☆それぞれみんな違うゾウ(1)
 ティンガティンガ派の絵って、どれもこれも似たり寄ったりじゃ? と、思いきや、これがなかなか個性的なのだ。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/04/19 20:25
ヘナアート☆その2 ボディからカンバスへ
 ザンジバルでヘナのボディペインティングを生業にしていた女性たちが、ヘナの図柄をカラフルにしてカンバスに映し出すという動きある。3年ほど前に始まったという。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/21 12:40
自信にあふれた女性彫刻家
 ダルエスサラームのフランス文化会館(Alliance Francaise)では絵画展などの催し物をよくやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/16 21:07
絵描きのイマンジャマさん☆その1
 フランシス・パトリック・イマンジャマ(Francis Patric Imanjama)は、エッチング(銅版画)の名手である。優しい色合いの動物画が彼の持ち味だろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 0

2010/02/26 13:15
ナンポカのマコンデ彫刻
 黒く怪しげに光る木の彫刻を見たことがないだろうか。タンザニアを代表する民芸品または芸術品にマコンデ彫刻だ。  モザンビークとタンザニアの国境地帯にまたがって住んでいたマコンデ人たちが黒檀に彫ったものを一般にマコンデ彫刻と呼んでいる。もともとは儀式用だったということだが、今ではみやげ物として多くのマコンデ彫刻が売られている。  動物、マサイ、人が幾重にも折り重なったウジャマーなどいろいろなモチーフの彫刻が作られているが、ナンポカは親子代に渡ってシェタニ(shetani:精霊)を彫り続けている... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/01/20 22:14
ティンガティンガ その2☆元祖E.S.ティンガティンガ
 ワークショップ(工房)内に所狭しと飾られたこのティンガティンガ派絵画たち!うわっーとしたエネルギーが感じられるでしょう? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/16 22:12
ティンガティンガ その1☆ジミー効果
 ダルエスサラームのモロゴロストアにあるティンガティンガ村(画家たちのワークショップ)へ向かっていた。ワークショップの建物に入ろうとしたら、そのすぐ手前にある食堂から、ティンガティンガ派最長老であろう画家ムゼー・アモンデがぬうっと現れてわたしの名を呼んだ。(ムゼーというのは年長者に対する敬称のスワヒリ語である) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/15 23:23
リランガのカレンダー
 ジョージ・リランガ(1934年〜2005年)は、タンザニアを代表する画家・彫刻家です。スワヒリ語でシェタニ(shetani)とよばれる不思議な精霊たちをモチーフにした作品をたくさん残しました。マコンデ彫刻、バティック、油彩画、水彩画、エッチングなどなどその表現方法は多岐にわたります。  2006年に東京、六本木の森美術館で開催されたアフリカ現代美術展「アフリカリミックス」にも彼の作品がありました。タンザニアからただ1人の参加でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/01/04 21:05

トップへ | みんなの「タンザニア美術」ブログ

トリップアドバイザー
タンザニア観光ホテル口コミ情報
タンザニア徒然草 タンザニア美術のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる